お客様からの声(実例集)

 

活力剤、土壌改良剤を使われたお客様からのレポートです。

あなたの栽培の参考にご覧ください。

​みやき町商工会でも実証「山田のひまわり園」

平成27年12月 報告

実験の目的 

 山田のひまわり園は、秋に咲くひまわりとして地域づくりに大きく寄与しており、毎年11月の一ヶ月間で1万人以上が来訪される、みやき町で最大の観光スポットなっている。

ひまわりを植え始めてから15年程度が経過し、連作障害が発生、茎の下部分が黴びて花が付く前に枯れたり、花の大きさが小さくなるなどの育成障害がでている。
 今後も、みやき町の観光スポットとして、一層の注目を厚め、多くの観光客が訪れることが見込まれ、育成障害に対する対策が求められていた。
 一方、みやき一店逸品会は、みやき町内の事業所の活性化を目的に、商品研究や販路開拓などに取り組んでおり、メンバーの中に酵素を取り扱う㈱クリエイトがいた。㈱クリエイトは、ラクトバチルスの菌を活かした植物を元気にする酵素、パワーの泉「地力アップ」を開発され販売されていた。
 そこで、育成障害に対して、「パワーの泉」、「地力アップ」がどの程度効果を発揮するのかについて、実験を行うことにしたものである。

 

実験の方法 

 ひまわり園の一区画約6坪にて、㈱クリエイトの酵素、パワーの泉「地力アップ」を使用して、ひまわり育成状況を記録し、その効果について考察するものである。
 比較して、観察できるよう、次の3列でひまわりを育成することとした。
1列目 何も使用しなくて育成
・通常通り、畑に種を巻いてひまわりを育てる。
2列目 「パワーの泉」を使用してひまわりを育てる
・種を「パワーの泉」に漬け込み、かつ、

 芽が出た段階で、パワーの泉を吹き付けて、ひまわりを育てる。
3列目 「地力アップ」と「パワーの泉の両方を使用して、ひまわりを育てる
土壌に、「地力アップ」を混ぜ込み、種を「パワーの泉に漬け込み、かつ、

 芽が出た段階で、パワーの泉を吹き付けて、ひまわりを育てる。
なお、使用する酵素は、㈱クリエイトからの贈呈である。

 

スケジュール 

時 期              内 容

平成27年8月上旬         関係者協議

平成27年8月12日頃       種植え

平成27年8月19日~11月28日  観察記録11回(1~2週間ごとに観察)

平成27年12月上旬       結果取りまとめ

8回目の観測(観察日 平成27年10月29日)

 

ブランク(未使用) 

2番目に育ちがいいが 

茎が細い茎は太い

背丈140cm

花の直径23cmくらい

 

パワーの泉使用

最も育ちがいい

背丈185cm

​花の直径28cmくらい

 

パワーの泉+地力アップ  

最も背丈は低かったが 

茎は太い

背丈130cm

花の直径24cmくらい

 

結果考察 

  • 育成過程においては、
    パワーの泉、地力アップを用いたひまわりの方が、背丈、花、茎周りの太さなど、使用していないものと比較して、
    大きく勢いがあるように育っていた。

  • 終盤、寿命で11月中頃より枯れ始めていたが、パワーの泉、地力アップを用いたひまわりの方が、長く咲いているようであった。

  • 連作障害として発生する茎下部分のカビの発生などもなかった

  • 以上より、酵素を使用して効果があったとの結論が得られた。

平成30年3月 報告 

 

実験の目的

 山田のひまわり園は、秋に咲くひまわりとして、みやき町の観光スポットのひとつとなっている。ひまわりを植え始めてから17年程度が経過し連作障害が発生して、茎の下部分が黴びて花が付く前に枯れたり、花の大きさが小さくなるなどの育成障害が生じていた。
 そこで平成27年に、㈱クリエイトのラクトバチルスの菌を活かし植物を元気にする酵素、パワーの泉「地力アップ」を試験的に使用し、生育状況を確かめたところ、黴びることなく生育し、実験は成功したところであった。
 平成28年には、風通しが悪く最も連作障害が発生し、育成が弱い場所に、同酵素剤を使用して、その発育具合を調査し、実験は成功したところであった。
 今回平成29年は、最も山側で風通しが悪く、発育しにくい場所にて、「地力アップ」を使用して、実験を行った。なお、パワーの泉は園内全てのひまわりに対して使用した。

実験の方法

 ひまわり園で山側最上部の段の最も発育が悪い場所で、

「地力アップ」を使用したゾーンとそうでないゾーンを設け、

比較して、その効果について考察するものである。

結果考察

今回、風通しが悪く生育具合が悪い場所を実験用畑として使用し、
地力アップを用いたひまわり育成観察を行った。

  • 結果として、しっかりと生育した。

  • 連作障害として発生する茎下部分のカビの発生などもなかった

  • 以上より、生育環境が悪い場所にても、
    酵素を使用して
    効果があったとの結論が得られた。

  • パワーの泉は、全てのひまわりに使用し、結果良好であった。