お客様からの声(実例集)

 

活力剤、土壌改良剤を使われたお客様からのレポートです。

あなたの栽培の参考にご覧ください。

きゅうり比較表ni.jpg

キュウリ/宮崎県

 

使 用

特濃パワーの泉2万倍希釈液 を7~10日に1回程度、葉面に散布

潅水もごく薄く使用。アミノ酸併用。

2015年10月:植え付け ⇒ 5月まで収穫

終了間近の4月に分析に出したもの


分析結果の赤線が上記使用したもの。

ビタミンC増加硝酸イオン減少

が確認できる。


【総評コメント】
 全国平均値(4月)と比較すると、

⓵ビタミンCに関して高い傾向の値になりました。

②硝酸イオンにおいては、全国平均値の約1/100という非常に低い値

 なりました。

③食味に関しては、水分が少なめで実がしまっており、

 カリカリと非常に食感が良く、

 旨味が感じられて非常に美味しいという評価でした。

         (成分分析結果報告書 Farm to Wellness倶楽部事務局)

キュウリの分析比較.jpg
約1/100!

硝酸イオンとは?

「えぐみ」「苦味」の元!

健康阻害を引き起こす原因

になる​ともいわれています

kyuuri miyazaki
kyuuri miyazaki

パワーの泉使用の宮崎県のピーマン いむのクリエイト

press to zoom
kyuuri miyazaki2
kyuuri miyazaki2

パワーの泉使用の宮崎県のキュウリ いむのクリエイト

press to zoom
kyuuri
kyuuri

press to zoom
kyuuri miyazaki
kyuuri miyazaki

パワーの泉使用の宮崎県のピーマン いむのクリエイト

press to zoom
1/3

キュウリ/新名さん(宮崎県)

 

加温なしで冬に収穫できました

使 用
 地力アップを元肥として混ぜる
 定植後、パワーの泉を使用

効 果
 地力アップで地熱が上がったため
 冬場に加温なしで28℃までなった。
 ボイラーをたかず、燃料の節約になり

 助かっています。


ピーマン・キュウリ/宮崎県

 

地力アップで堆肥を発酵させ、

堆肥として使用しています。
成果があがってきています。

キュウリ(特別栽培農作物)/宮崎県

 

キュウリを年に2回転 栽培

(特別栽培・・節減対象農薬と化学肥料の節減で栽培)

7/20定植 → 12/20終了、1/20定植→6/20終了

                                                                                           

使 用 

「地力アップ」 20~30袋/反あたり

     ・・・・・・・・・・・・・・・      定植前

「バイオすくすく」で育てた鶏の鶏ふん堆肥(15kg)20~30袋

                 ・・・      定植前

「特濃パワーの泉」50cc/反(1回の水やりで)

         ・・・・・・・・・・     水やり時に

 

効 果 

  • 半期で18t/反、年間36~38t収穫

  • 一部に化成肥料を入れてみたところ、取れ高がダウン

  • はじめに「地力アップ」を入れ、少し経ってから「特濃パワーの泉」をまくと、
    収量が安定して確保できた。

  • 「うどんこ病」にも効果!

  • 収穫の終わったキュウリに「うどんこ病」がでたため、
    来年のために「特濃パワーの泉」の5000倍希釈液をまいたところ、
    成長点には被害がなく、「うどんこ病」が消えた

ピーマン(さらら)/宮崎県川南町 2009年

 

使 用 

「地力アップ」 15袋/反あたり

     ・・・・・・・・・・・・・・・      定植前

「パワーの泉」1000倍液

     ・・・・・・・・・・・・・・・      月に1~3回散布

効 果 

  • 「さらら」は収量が少ない品種で通常10t/反 収穫だが

  反あたり14.5t 収穫できた(通常の1.38倍)

​  2009年は単価が安かったが、収量が増えたために500万円増収となった